ホーム > 分科会 > 価値あるレポート分科会
bar

価値あるレポート分科会

価値あるレポート分科会

活動期間
2016年3月18日〜2018年6月15日

活動メンバ名計13名
小林 理枝<座長>ServiceNow Japan株式会社
不破 治信<副座長>伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
眞鍋 和史<副座長>個人会員
宗像 浩<副座長>三菱総研DCS株式会社
五十嵐 雄哉株式会社ビーエスピーソリューションズ
加藤 あゆみトランスコスモス株式会社
金丸 祐史株式会社富士通エフサス
高田 紀子個人会員
中村 峰行トランスコスモス株式会社
藤原 達哉株式会社ビーエスピーソリューションズ
本間 智治株式会社NTTデータ アイ
和久井 克明コニカミノルタ株式会社
藤原 哲郎個人会員
小林 理枝<座長>
ServiceNow Japan株式会社
不破 治信<副座長>
伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
眞鍋 和史<副座長>
個人会員
宗像 浩<副座長>
三菱総研DCS株式会社
五十嵐 雄哉
株式会社ビーエスピーソリューションズ
加藤 あゆみ
トランスコスモス株式会社
金丸 祐史
株式会社富士通エフサス
高田 紀子
個人会員
中村 峰行
トランスコスモス株式会社
藤原 達哉
株式会社ビーエスピーソリューションズ
本間 智治
株式会社NTTデータ アイ
和久井 克明
コニカミノルタ株式会社
藤原 哲郎
個人会員
 ※敬称略、順不同

活動趣旨・方針
IT部門がビジネス部門/マネジメントに「価値あるレポート」を示す実用的な研究を行いたい。
問題解決からのアプローチにより研究成果を出し、実用的アウトプットをitSMF Japan会員に共有することでITIL®活用による価値訴求に貢献する。

活動報告
@ミーティング履歴
年月日場所参加人数主要テーマ
2016年03月18日武田薬品工業株式会社12分科会キックオフ、メンバーの自己紹介、分科会への期待、進め方の合意
2016年04月22日武田薬品工業株式会社12研究スコープの決定、立場の違いにおけるレポートの違いについてチームに分かれて考察
2016年05月27日トランスコスモス株式会社10前回のチーム別議論結果の共有(A社長チーム、B事業部長チーム、CIT部門チーム)
2016年06月24日コニカミノルタ株式会社12継続ディスカッション、各立場におけるKPI指標の整理
2016年07月29日武田薬品工業株式会社13事業部門のCSFとKPI、それに紐づくITのKPIとは?仮説レポートの目次案の検討
2016年08月10日武田薬品工業株式会社7仮説レポート内容検討
2016年08月19日株式会社シグマクシス12ゲストによる仮説レポートの検証
2016年09月16日コニカミノルタ株式会社12価値あるレポートガイダンス骨子の検討、コンファレンス準備
2016年10月21日トランスコスモス株式会社12ガイダンスチーム、発表準備チーム、アンケート準備チームに分かれての作業
2016年12月16日株式会社シグマクシス12コンファレンスの振り返り、今後の進め方
2017年01月20日株式会社シグマクシス92年目の活動テーマと月別実施計画の検討
2017年02月17日トランスコスモス株式会社10チーム別ガイダンス作成進捗状況の確認
2017年03月17日コニカミノルタ株式会社9チーム活動のレビュー
2017年04月21日株式会社NTTデータアイ9チーム活動のレビュー
2017年05月19日コニカミノルタ株式会社8チーム活動のレビュー
2017年06月16日コニカミノルタ株式会社104つの目的のコンセプトの理解と各チャプターへの取込みへの議論
2017年07月07日コニカミノルタ株式会社12高田さん一時帰国記念臨時分科会、コンファレンスに向けての議論
2017年07月21日コニカミノルタ株式会社9ガイダンスレビュー、コンファレンス発表準備
2017年08月23日トランスコスモス株式会社7コンファレンス発表準備、ガイダンス外部レビュー準備
2017年09月15日コニカミノルタ株式会社8コンファレンス発表準備、ガイダンス外部レビュー結果の共有
2017年10月20日コニカミノルタ株式会社8コンファレンス発表内容のレビュー、ガイダンス最終化
2017年12月15日コニカミノルタ株式会社6コンファレンスの振り返り、今後の進め方
2018年01月25日コニカミノルタ株式会社6分科会セミナ、クロージングまでの活動計画、Verism説明会
2018年03月16日コニカミノルタ株式会社7分科会セミナ日程とコンテンツの検討
2018年04月23日武田薬品工業株式会社8分科会セミナ発表テーマごとのリハーサルとレビュー
2018年05月23日コニカミノルタ株式会社7分科会セミナ発表内容の最終化、当日の段取り確認
2018年06月15日武田薬品工業株式会社8分科会セミナの振り返りとクロージング

Aコンファレンス報告
◆第13回itSMF Japanコンファレンス(2016/11/30)
講演者:宗像 浩、中村峰行
講演テーマ:「価値あるレポートの勘所〜読み手の関心事は何か〜」
講演概要:ITサービスマネジメントの価値を、第三者が評価する手段の一つとして「レポート」が存在します。当分科会では、レポートの読み手に価値をもたらす達成目標、達成指標の仮説をたて、当事者による検証を実施し、その結果を整理しました。今回のセッションでは、2016年4月の分科会発足から約半年間の研究成果を発表いたします。


◆第14回itSMF Japanコンファレンス(2017/11/10)
講演者:宗像 浩、中村峰行
講演テーマ:「顧客に価値を提供するための5つの視点と4つの目的 〜価値あるレポートガイダンスができました! 〜」
講演概要:ITサービスの価値を顧客が評価する手段のひとつとして「レポート」が存在します。当分科会では、2016年4月より顧客に価値をもたらすレポートとはどのようなものか研究を行い、この度ガイダンスとして完成させました。昨年のセッションでは、その一部しかご紹介できませんでしたが、今回のセッションでは、その全容をご紹介いたします。ガイダンスのエッセンスとして、レポート作成における重要な5つの視点と4つの目的を中心にお伝えいたします。


Bセミナ報告

成果物会員専用ページにログイン後、ダウンロード可能
@コンファレンス報告資料
資料名:「価値あるレポートの勘所 〜読み手の関心事は何か〜」(PDF)
作成日:2016年11月30日
資料名:「顧客に価値を提供するための5つの視点と4つの目的 〜 価値あるレポートガイダンスができました! 〜」(PDF)
作成日:2017年11月10日

Aセミナ報告資料
資料名:「価値あるレポートガイダンス(第1.1版)」(PDF)
作成日:2018年6月8日
資料名:「「価値あるレポートガイダンス」押さえておきたい2つのポイント」(PDF)
作成日:2018年6月8日
資料名:「ガイダンスを使ってレポート作成してみました!」(PDF)
作成日:2018年6月8日
資料名:「価値あるレポートで築く顧客との良い関係」(PDF)
作成日:2018年6月8日
資料名:「ITIL® Masterが語るレポートの重要性」(PDF)
作成日:2018年6月8日

分科会を終了するにあたって
本分科会は、設立当初から明確なゴール設定を行い、高い意識をもったメンバに助けられて順調に活動を続けてきました。おかげさまで一定の水準のガイダンスを完成させることができました。活動成果の発表の場である分科会セミナでは活発な議論を展開することができ、当テーマへの関心の高さを改めて実感したとともに、ガイダンスへの期待も多く受け止めることができました。 当分科会は活動を終了しますが、成果物であるガイダンスを活用した組織が別途事例紹介セミナを開催していただくとのことで、ITレポートに悩まれる組織にとってなにがしかの貢献ができたのではないかと感じています。メンバはもとより、事務局の皆様、また会員の皆様の多くのご協力大変ありがとうございました。
以上