ホーム > 分科会 > 価値あるレポート実践分科会のメンバ募集
bar

価値あるレポート実践分科会のメンバ募集


■設立趣旨
価値あるレポート分科会活動(2016/03/18〜2018/6/15)の成果物である「価値あるレポートガイダンス」は、レポートを価値あるものとするためのとても有用なガイダンスであり、その有効活用が望まれます。今回設立する分科会では、このガイダンスを補完し、その活用範囲を広げ、かつ現場ですぐに活用できる、より具体的なガイド作成に取り組みます。特に、ITベンダーの立場でその顧客に価値を提供するケースについて注力します。
顧客にとっての価値を意識せず、顧客期待に響かないレポートを定期的に出し続けるITベンダーとそれを漫然と受け取る顧客の姿が運用の現場で多くみられます。双方にとって価値を生まないムダな行為が改善されないまま放置されているのがこの業界の現状であり、ここに一石を投じたいと考えます。また、顧客側の立場の方も、ベンダー作成のレポートを適切に評価、指摘し、価値あるものとするための指針を得ることができます。

■分科会研究テーマ概要
テーマ1:「価値あるレポートガイダンス」実践版研究
     ・ITベンダーの立場で顧客レポートを通して提供する価値とは何か、その価値をいかにレポートに表現し、
      効果的に顧客に伝えるかについて、その考え方や具体的な手法/手段を調査、研究する。
     ・同レポート作成を支援するガイダンスを作成する。
テーマ2:レポート成熟度アセスメント研究
     ・価値あるレポートのめざすべき状態を階層化した指標(成熟度レベル)を定義する。この指標を尺度として、
      レポート作成時の段階的な目標設定、あるいは既存レポートの評価と、段階的な改善への取り組みを
      効果効率的に進めることができる。
     ・指標を用いたアセスメント(評価)の仕組み作り

■研究成果物
 価値あるレポートガイダンス実践編
     ・レポートガイダンス
     ・レポートサンプル
     ・レポート成熟度アセスメントシート

■活動期間
2019年4月〜2021年3月 ※活動継続の可能性有り

■分科会メンバ募集要項
分科会運営
・初回会合にて、座長、副座長を決定し、運営を行う
・座長は希望者による自薦でメンバ合意のもとに確定する
・自薦が無い場合はメンバ間で協議の上、決定する
・会合は原則として、毎月1回を基本とするが、参加メンバにて協議の上、適切な回数/時間帯を決定する
・会場は参加メンバの持ち回り、あるいは公共の会場を手配する
・分科会の構成人員は最大20名までとする
・ロードマップに基づく詳細活動計画は分科会で決定する
メンバ募集要項
itSMF Japanの会員であること
 - ベンダー企業、ユーザー企業 いずれの立場でも参加いただけます
 - 分科会活動初参加の方も歓迎いたします
・分科会の趣旨に賛同し、建設的な討議を行える事
・月1回程度の会合に参加可能であること
・現場でレポートを作成する、あるいはその指導、支援にあたる方を中心に、実務での活用に取り組めるかたが望ましい
 レポートを通して、顧客価値、顧客コミュニケーションを高め、ベンダー側、顧客側 双方のビジネス発展を目指そう
 とする方の積極的なご参加をお待ちしております

■募集人数
20名
※定員になり次第締め切ります。

■募集開始日
2019年4月5日(金)10:00〜 募集開始

■初回の分科会開催場所と時間
2019年4月23日(火)17:00〜18:00 itSMF Japan事務局(港区芝5-16-7 芝ビル6F-A)
TEL : 03-5439-5591

■添付資料
分科会設立申請書
※詳細については、分科会設立申請書をご覧ください。

■新規分科会メンバ募集