ホーム > 分科会 > サービスオペレーションの原則研究分科会のメンバ募集
bar

サービスオペレーションの原則研究分科会のメンバ募集


■設立趣旨
ITIL®の日本語版が出版されてから10数年が経過、ITIL®の知名度は高くなっており、活用事例も多く紹介されている。しかしながら、システム運用の現場からは、ITIL®活用により得られる効果を享受しているという話はあまり聞こえてこない。 システム運用の現場では、未だに“過剰サービス提供による現場の疲弊”、“予算不足によるサービスレベル低下”などサービスマネジメントの不備によると思われる課題が山積している。
本分科会では、システム運用に関して記述されている、書籍『サービスオペレーション』の3章[サービスオペレーションの原則]を軸に、システム運用の現場での実践的・具体的なITIL®活用手法を研究し、ガイドラインを作成する。

■分科会研究テーマ概要
テーマ1:サービスオペレーションの原則の理解
     書籍に書かれている内容を理解し、IT運用の現場でそれを実現するための具体的な手段を研究する。
テーマ2:サービスオペレーションのベンチマーク指標研究
     各種ベンチマーク指標の策定
     ◇サービスオペレーションにおけるバランス
     ◇サービスオペレーションのSLA(KPI)
     ◇サービスオペレーションにおけるコスト
     ◇サービスオペレーションのオペレーション自動化率 …等

■研究成果物
サービスオペレーションの原則 ガイドライン(仮称)
     ITIL®書籍『サービスオペレーション』3章“サービスオペレーションの原則”の
     ◇解説
     ◇取組みの実施に関する事例、若しくは具体例
     ◇各種ベンチマーク指標

■活動期間
2019年2月〜2021年1月

■分科会メンバ募集要項
itSMF Japanの会員であること
・研究会の趣旨に賛同し、建設的な討議を行なえること
・月1回程度の会合に参加可能であること
 会合は原則として、毎月の最終金曜日(17時〜19時)を基本とする
 会場は参加メンバの持ち回り、あるいは公共の会場を手配する
・分科会の構成は最大15名までとする
 同一組織からの参加は、最大2名までとする
・座長は希望者による自薦で、メンバの合意のもとに確定する
 自薦がない場合はメンバ間で協議の上、決定する
・ロードマップに基づく詳細活動計画は分科会で決定する

本分科会では、システム運用現場における課題の解決をテーマとした実践的な研究を予定しています。
その為には、現場での課題を抱えている当事者の方々の参加が必要です。
ITSMの知見や分科会経験等は一切問いません。システム運用の現場で課題を抱えている方、是非ご参加ください。

■募集人数
15名
※定員になり次第締め切ります。

■募集開始日
2019年1月25日(金)

■初回の分科会開催場所と時間
2019年2月22日(金)17:00〜18:00 itSMF Japan事務局(港区芝5-16-7 芝ビル6F-A)

■添付資料
分科会設立申請書
※詳細については、分科会設立申請書をご覧ください。