ホーム > イベント > itSMF Japan第12回分科会セミナ
bar

itSMF Japan第12回分科会セミナ

特定非営利活動法人itSMF Japanでは、2018年6月8日(金)に、「価値あるレポート分科会」による第12回分科会セミナを開催いたします。
「価値あるレポート分科会」は、2016年3月に発足し、IT部門からマネジメントや顧客へITの価値を示すレポーティングとはどのようなものであるべきか?を模索してきました。
今回のセミナでは、約2年に亘る研究の成果として作成した「価値あるレポートガイダンス」とその活用事例のご紹介、さらにはグローバルで活躍するITIL®マスターから価値あるレポートについての知見をご紹介します。


■開催概要
 開催日2018年6月8日(金)
 時 間18:20〜20:30 開場:18:00〜
 会 場港区立港勤労福祉会館 第一洋室  こちら
JR田町駅下車、三田口徒歩5分
第一京浜国道沿い(芝5丁目交差点かど)
都営地下鉄三田駅下車 A7出口でてすぐ左隣
都バス田町駅前下車(始発・終点)徒歩3分
 定 員100名(申し込み先着順)
 参加費itSMF Japan会員:無料


■プログラム
itSMF Japan 第12回分科会セミナ
時間講演タイトル講演者/講演内容
18:20〜
18:25
ご挨拶座長 小林 理枝 氏
18:25〜
18:55
「価値あるレポートガイダンス」押さえておきたい2つのポイント コニカミノルタ株式会社 和久井 克明 氏
レポート作成時に必要なポイントを「価値あるレポートガイダンス」にまとめました。今回、その勘所をご説明します。
18:55〜
19:25
ガイダンスを使ってレポート作成してみました! 伊藤忠テクノソリューションズ株式会社 不破 治信 氏
IT部門から業務部門に提出するレポート作成、報告の内容について、価値あるレポート分科会で作成したガイダンスの活用方法と注意すべきポイントを中心にケースを例としてご説明します。
19:25〜
19:55
価値あるレポートで築く顧客との良い関係 ServiceNow Japan株式会社 小林 理枝 氏
価値あるレポートを継続して提供できれば、顧客との関係は良くなっていくでしょう。価値あるレポートを継続して提供し続けるためにはどうすれば良いかについてご説明します。
19:55〜
20:15
ITIL® Masterが語るレポートの重要性 武田薬品工業株式会社 高田 紀子 氏
ビジネスストラテジーとITストラテジーの整合性を保つためのポイントを、ITIL® Masterが実践的立場で語ります。
20:15〜
20:30
Q&A
20:30 終了ご挨拶 副座長 不破 治信 氏
※講演者、講演内容等変更になることがございます。予めご了承ください。

お申し込み受付を終了いたしました。

itSMF Japanホームページ(会員向け)PDF資料公開 
itSMF JapanではITIL®の普及促進を目的として、itSMF Japan会員向けにITサービス・マネジメントのベストプラクティス研究の場や情報の提供を行っております。



■プライバシーポリシー