ホーム > イベント > itSMF Japan第10回分科会セミナ
bar

itSMF Japan第10回分科会セミナ

特定非営利活動法人itSMF Japanでは、2017年8月28日(月)に、DevOps変更管理研究分科会による第10回分科会セミナを開催いたします。

DevOps変更管理研究分科会は、“変更管理”と“DevOps”の両立をテーマに2014年2月に発足しました。
DevOpsは、“ツール”と“カルチャー”が重要なポイントとして言われております。
ツールは変更管理プロセスとの関係を中心に研究、カルチャーはツールやプロセスを効果的に活かすための根源(≒組織文化)を中心に研究してきました。
約4年間の研究成果を、事例も交えご説明します。


■開催概要
 開催日2017年8月28日(月)
 時 間18:30〜20:30 開場:18:15〜
 会 場港区立芝浦港南区民センター、区民ホール  こちら
JR: 田町駅下車 東口徒歩10分
地下鉄 三田線・浅草線: 三田駅下車 A4出口徒歩12分
都営バス(浜95系統、田92系統):八千代橋下車 徒歩2分
港区コミュニティバスちぃばす
芝浦港南ルート173番・192番「八千代橋東」下車徒歩2分
 定 員100名(申し込み先着順)
 主 催特定非営利活動法人 itSMF Japan
 参加費itSMF Japan会員:無料


■プログラム
itSMF Japan 第10回分科会セミナ
時間講演タイトル講演者/講演内容
18:30〜
18:45
ご挨拶 SCSK株式会社 浅見 忠宏 氏
分科会の紹介と、これまでの取組みを説明します。
18:45〜
19:25
DevOpsと変更管理 NECマネジメントパートナー株式会社 古川 清司 氏
DevOpsと変更管理の融合の神髄を以下のポイントで説明します。
・DevOpsとITIL変更管理の関係性
・DevOpsと掛けて変更管理と説く、その心は?
  ”適切に”、”早く”、”速く”
休憩 (10分)
19:35〜
20:10
DevOpsとカルチャー 富士通株式会社 青木 保壽 氏
DevOpsは、ツールを導入しプロセスを変え、開発や運用の方法を変えるだけでは、限定的な効果しか得られません。
DevOpsの効果を最大化するには、真剣にIT部門のカルチャー変革に取り組む必要があります。
20:10〜
20:30
・DevOps事例
 〜8か月を1週間に〜
・終了ご挨拶
ブレインズコンサルティング株式会社 三森 輝久 氏
現状に危機意識を持った組織が、既存の環境やルールの制約を打ち破り、新たなシステム構築において、DevOpsと変更管理の融合にチャレンジした事例をご説明します。
※講演者、講演内容等変更になることがございます。予めご了承ください。

お申し込み受付を終了いたしました。



■プライバシーポリシー