ホーム > イベント > itSMF Japan第73回セミナ
bar

itSMF Japan 第73回セミナ

特定非営利活動法人itSMF Japanでは2019年3月15日(金)、第73回セミナを東京で開催いたします。
今回は、セキュリティをトピックとして、ITサービスマネジメントの上での運用や資産管理での活用に着目し、講演をご用意いたしました。
奮ってご参加ください。


■開催概要
 開催日2019年3月15日(金)
 時 間13:20〜16:45 受付開始 13:00〜
 会 場ソラシティカンファレンスセンター(御茶ノ水)1階 Room C こちら
JR中央・総武線「御茶ノ水」駅聖橋口から徒歩1分
東京メトロ千代田線「新御茶ノ水」駅B2出口直結
 定 員150名(申込先着順)
 参加費itSMF Japan会員 無料   一般 3,000円(受付にて現金支払い)
 主 催特定非営利活動法人 itSMF Japan


■プログラム
itSMF Japan 第73回セミナ
時間講演タイトル講演者/講演内容
13:20〜
13:30
ご挨拶 特定非営利活動法人 itSMF Japan理事長 富田 修二
13:30〜
14:30
IT資産管理戦略のあり方
サイバーセキュリティの観点も含めて
デロイトトーマツリスクサービス株式会社 丸山 満彦 氏
リスクを極小化しつつ事業の成功のためには、次々と生み出されるテクノロジーをうまく活用することが重要です。そのためにも、自社がどのようなテクノロジーを現在活用しているか、つまりサイバーセキュリティ対策としてのIT資産管理が必須であり、そのためのIT資産管理戦略が重要です。今回はその概要を説明いたします。
14:30〜
15:30
デジタルトランスフォーメーションを支えるサイバーリスクマネジメントへの取り組み
〜セキュリティ事故から事業継続性を守る5つの視点〜
NTTコミュニケーションズ株式会社 竹内 文孝 氏
ICTがビジネス基盤となり、事業継続を左右する要因となった今、組織やICTを見直す際、サイバー攻撃などのセキュリティ脅威への適応力や回復力を念頭におくことが大切です。
本講演では、デジタルトランスフォーメーションによっておこる新たなリスクへの警鐘とリスクへの準備、対応を行うための、「経営と現場」や「組織とプロセス、技術」など様々な観点で、経営におけるサイバーリスクマネジメントを解説いたします。
休憩 (15分)
15:45〜
16:45
IT資産管理の基礎とプロセス整備のポイント 株式会社日立製作所 清家 一樹 氏
ソフトウェアライセンス違反リスク、ITへの過剰投資リスクなど、どの様な企業でも抱えているこうしたリスクを低減する解決策としてIT資産管理の導入が注目されています。そうした中、「何から手をつければよいか分らない」、「ツールの導入だけでは上手くいかない」といったお話を多く伺います。当講演では、そうした声にお答えするため、IT資産管理の基礎知識からプロセス整備 に役立つ情報をご提供します。
※講演者、講演内容等変更になることがございます。予めご了承ください。

お申し込み受付を終了いたしました。


■プライバシーポリシー