ホーム > White Paper > スポンサー White Paper
bar

スポンサー White Paper

スポンサ―提供によるWhite Paperを掲載しています。
スポンサーWhite Paperはどなたでもダウンロード可能です。
(一部にスポンサー紹介、サービスおよび製品の活用方法などの記述も含まれます。)

なぜDevOps は、いつまでも「わからない」と言われてしまうのかNo.itsmf-JWP007
日本ヒューレット・パッカード株式会社掲載開始日:2016年4月1日

世はまさにDevOps 時代・・・とでも言うかのように、各種のWeb媒体やIT ベンダーの宣伝文句、IT 系セミナーのタイトルでDevOps の文字を見ることが珍しく無くなりました。しかし、いまだに多くの方から「なにがDevOps かよくわからない」と言われます。このギャップはどこから来るのでしょうか?
・DevOps という言葉が生まれてきた背景と現在とのコンテキストの違い
・「定義」というものに対する期待値の違い
・ベンダーによってスコープと視点が異なることに依る混乱
様々な要因が考えられますが、このPaper ではこれらの要因を見直し、DevOps に対して何を期待すべきなのか、弊社がそこにどうアプローチしていくのかをご紹介します。


仮想化・クラウドの事例に見るITIL®ベースの実践的な運用管理No.itsmf-JWP006
富士通株式会社掲載開始日:2013年11月13日

今日、仮想化によるサーバ集約、クラウドによるサービス提供・サービス利用など、ICT環境が大きく変化している。そこでは、サービスの品質向上、コスト適正化の実現を目的に、ITIL®に沿った運用管理があらためて必要とされてきている。本稿では、仮想化・クラウド化の進展により運用部門の役割が変化していく中で、ITIL®に基づいた運用の3つの実践事例に基づき、「自動化」をキーワードとして、着目すべきポイントや、より大きな効果を創出するためのポイントを解説する。具体的には、イベント管理、インシデント管理、自動化(ランブック・オートメーション)、キャパシティ管理を取り上げ、今、運用の現場で求められるノウハウは何かを明らかにする。


ITSM Transformationを成功するためのカギNo.itsmf-JWP005
日本ヒューレット・パッカード株式会社掲載開始日:2013年10月31日

現在、ITIL®に記載されているベストプラクティスを利用して「ITがビジネスへ貢献できている」と考える企業と、「新しい運用の考え方導入が遅々として進まない」あるいは「運用にかけているコスト・工数に見合う品質を出せていない」と考える企業がある。
本White Paperでは、HP社における実践事例を踏まえ、IT Service Managementの変革(ITSM Transformation)を実行し、ITをビジネスに有効活用するためのキーポイントを解説する。


ITIL、ITサービス管理、およびソーシャルメディアによるエンドユーザの能力向上No.itsmf-JWP004
BMCソフトウェア株式会社掲載開始日:2013年10月04日

ソーシャルメディアの利用が拡大しているなかで、ITサービス管理にもソーシャルメディアの活用が期待されています。ユーザの要求に対するITとの課題について説明します。


顧客価値の最大化に向けたクラウドサービスプロバイダのためのガイドNo.itsmf-JWP003
BMCソフトウェア株式会社掲載開始日:2013年10月04日

クラウドサービスのニーズが高まるなか、クラウドサービスプロバイダが高い収益性をあげていくためには、より差別化された、きめの細かい、俊敏で、自動化されたサービスを提供する必要があります。クラウドサービスプロバイダに向けたガイドです。


運用プロセス管理のTipsNo.itsmf-JWP002
株式会社野村総合研究所掲載開始日:2013年08月20日

「サービスデスクの窓口一元化」、「インシデントの対応漏れ防止」、「サービスデスク業務の効率化」、「変更管理とリリース管理のシームレスな実践」 など、運用プロセス管理における主な課題を7つピックアップし、一般的な解決策、及びサービスデスクツールを活用した具体的な改善実践方法を解説しています。


ランブック自動化技術を利用した運用管理の高度化アプローチNo.itsmf-JWP001
日本アイ・ビー・エム株式会社掲載開始日:2013年08月20日

DevOps まで見据えた運用手順書(ランブック)自動化技術の適用推進
企業のサービスが社会インフラを支えるサービス・チェーンに次々と組み込まれるようになり、サービスの継続的な提供と、適切なサービスの改善は企業の存続に不可欠なものとなっています。サービス提供に責任を負うIT 部門は、各種のIT 運用業務によって、企業が提供する重要なサービスを確実に管理しなければなりません。そのためには、手作業で実施している各種のオペレーションを逐次自動化していくことが重要です。IT 部門がサービスを止めずに、ビジネス要件に沿って柔軟にサービスを改善できるようにするために、ランブック自動化技術を利用して運用管理を高度化する、それが本稿のテーマです。
なぜDevOps は、いつまでも「わからない」と言われてしまうのかNo.itsmf-JWP007
日本ヒューレット・パッカード株式会社掲載開始日:2016年4月1日

世はまさにDevOps 時代・・・とでも言うかのように、各種のWeb媒体やIT ベンダーの宣伝文句、IT 系セミナーのタイトルでDevOps の文字を見ることが珍しく無くなりました。しかし、いまだに多くの方から「なにがDevOps かよくわからない」と言われます。このギャップはどこから来るのでしょうか?
・DevOps という言葉が生まれてきた背景と現在とのコンテキストの違い
・「定義」というものに対する期待値の違い
・ベンダーによってスコープと視点が異なることに依る混乱
様々な要因が考えられますが、このPaper ではこれらの要因を見直し、DevOps に対して何を期待すべきなのか、弊社がそこにどうアプローチしていくのかをご紹介します。


仮想化・クラウドの事例に見るITIL®ベースの実践的な運用管理No.itsmf-JWP006
富士通株式会社掲載開始日:2013年11月13日

今日、仮想化によるサーバ集約、クラウドによるサービス提供・サービス利用など、ICT環境が大きく変化している。そこでは、サービスの品質向上、コスト適正化の実現を目的に、ITIL®に沿った運用管理があらためて必要とされてきている。本稿では、仮想化・クラウド化の進展により運用部門の役割が変化していく中で、ITIL®に基づいた運用の3つの実践事例に基づき、「自動化」をキーワードとして、着目すべきポイントや、より大きな効果を創出するためのポイントを解説する。具体的には、イベント管理、インシデント管理、自動化(ランブック・オートメーション)、キャパシティ管理を取り上げ、今、運用の現場で求められるノウハウは何かを明らかにする。


ITSM Transformationを成功するためのカギNo.itsmf-JWP005
日本ヒューレット・パッカード株式会社掲載開始日:2013年10月31日

現在、ITIL®に記載されているベストプラクティスを利用して「ITがビジネスへ貢献できている」と考える企業と、「新しい運用の考え方導入が遅々として進まない」あるいは「運用にかけているコスト・工数に見合う品質を出せていない」と考える企業がある。
本White Paperでは、HP社における実践事例を踏まえ、IT Service Managementの変革(ITSM Transformation)を実行し、ITをビジネスに有効活用するためのキーポイントを解説する。


ITIL、ITサービス管理、およびソーシャルメディアによるエンドユーザの能力向上No.itsmf-JWP004
BMCソフトウェア株式会社掲載開始日:2013年10月04日

ソーシャルメディアの利用が拡大しているなかで、ITサービス管理にもソーシャルメディアの活用が期待されています。ユーザの要求に対するITとの課題について説明します。


顧客価値の最大化に向けたクラウドサービスプロバイダのためのガイドNo.itsmf-JWP003
BMCソフトウェア株式会社掲載開始日:2013年10月04日

クラウドサービスのニーズが高まるなか、クラウドサービスプロバイダが高い収益性をあげていくためには、より差別化された、きめの細かい、俊敏で、自動化されたサービスを提供する必要があります。クラウドサービスプロバイダに向けたガイドです。


運用プロセス管理のTipsNo.itsmf-JWP002
株式会社野村総合研究所掲載開始日:2013年08月20日

「サービスデスクの窓口一元化」、「インシデントの対応漏れ防止」、「サービスデスク業務の効率化」、「変更管理とリリース管理のシームレスな実践」 など、運用プロセス管理における主な課題を7つピックアップし、一般的な解決策、及びサービスデスクツールを活用した具体的な改善実践方法を解説しています。


ランブック自動化技術を利用した運用管理の高度化アプローチNo.itsmf-JWP001
日本アイ・ビー・エム株式会社掲載開始日:2013年08月20日

DevOps まで見据えた運用手順書(ランブック)自動化技術の適用推進
企業のサービスが社会インフラを支えるサービス・チェーンに次々と組み込まれるようになり、サービスの継続的な提供と、適切なサービスの改善は企業の存続に不可欠なものとなっています。サービス提供に責任を負うIT 部門は、各種のIT 運用業務によって、企業が提供する重要なサービスを確実に管理しなければなりません。そのためには、手作業で実施している各種のオペレーションを逐次自動化していくことが重要です。IT 部門がサービスを止めずに、ビジネス要件に沿って柔軟にサービスを改善できるようにするために、ランブック自動化技術を利用して運用管理を高度化する、それが本稿のテーマです。



itSMF Japanでは団体会員の皆様からスポンサーWhite Paperを募集しております。
掲載を希望される企業団体様は、次の掲載要項および掲載規約をご覧いただき申込書とWhite PaperのPDFを添えてitSMF Japan事務局までお申し込みください。
(お申し込みいただいてからWEB掲載までは、2週間程度となります。)

itSMF JapanスポンサーWhite Paper掲載要項(PDF)
itSMF JapanスポンサーWhite Paper掲載規約(PDF)
itSMF JapanスポンサーWhite Paper掲載申込書(Excel)