ホーム > itSMF Japanについて > itSMF Japanについて
bar

itSMF Japanについて

ようこそitSMF Japanへ


キーボード■歴史
itSMFは英国で1991年に非営利団体(NPO)として設立された会員制ユーザ・フォーラムで、1980年代後半に英国政府のOGC*(Office of Government Commerce)が作成した情報システムの運用管理基準[ITIL(IT Infrastructure Library)]の普及促進を目的として設立されました。現在、itSMFは欧米を中心に全世界で活動を展開しており、itSMF Japanはアジアで最初のitSMFとして2003年5月に設立され活動を開始しました。
*:発行当時はCCTA(Central Computer & Telecommunications Agency)

■グローバル展開
itSMFは2003年の5月itSMF国際委員会で日本での設立が承認され、現在はUK、オランダ、USAをはじめ50以上の国と地域で活動中です。
各国のitSMF

■活動内容
itSMF JapanではITIL®の普及促進を目的にITサービス・マネジメントのベストプラクティス研究の場・情報源の提供、及びイベントの開催、会報誌、ITIL®書籍の翻訳出版などを行っています。また、関西地域では関西支部を設置し活動中です。

会報誌「Newsletter」発行(年4回)
セミナの開催 ITIL®導入事例 など
会員専用サイトの構築
年次コンファレンスの開催
分科会の開催
ITIL®関連書籍出版
関西支部活動

■アニュアルレポート