ホーム > itSMF Japanについて > FAQ
bar

FAQ

種別QuestionAnswer
1会員・入会に関して会員規則はどこから入手できますか?会員規則はこちら(PDF,289KB)に掲載しています。ご確認ください。
2 団体会員と個人会員の違いを教えてください?団体会員の場合、所属団体名をホームページ上の会員一覧に記載できますが、個人会員の場合は記載できません。
また、団体会員の場合、会員の交代をすることができますが、個人会員の場合は、他の個人に権利を移譲することはできません。
3 入会申込書の連絡先(管理者)は、どういう位置付けですか?団体会員の場合、名簿の管理者となります。事務局からの連絡、郵送物の送付などは、管理者宛に一括して行います。
4 団体会員の5人口、10人口の意味は何ですか?名簿に登録可能な人数です。何人口に登録するかによって年会費が異なります。団体会員へのサービスは名簿に登録された方にのみ提供されます。
5 期間途中で会員口数を上げることは可能ですか?団体会員の場合は可能です。詳しくはこちらまでお問合せください。
6 名簿の変更は可能ですか?団体会員の場合は可能です。こちらから手続きをしてください。
7 連絡先(管理者)の変更はどうしたらよいですか?こちらから手続きをしてください。
8 年会費の発生する期間は、いつからいつまでの1年ですか?入会申込日の翌月から、1年間となります。
例えば、6月申込の場合、翌月の7月1日〜次年6月末までです。
9 更新の手続きはどのように行われますか?会員期間満了の2ヶ月前より、更新分の会費請求書を発送します。会員期間満了の1ヶ月前までに退会のお申し出が無かった場合は、会員登録が自動更新されます。
10 請求書はいつ発送されますか?新規の場合、申込書受付け後、1週間以内に発送します。継続の場合は、期間満了の2ヶ月前より発送します。
11 賛助会員について教えてください。itSMF Japanの事業を賛助するために、一口10,000円で寄付をしていただく個人または団体のことです。
会員サービスを受けることができませんので、会員として各種活動に参加する場合は、個人または団体会員への入会が必要です。
12 会員番号、パスワードを忘れた場合はどうすればよいですか?こちらから手続きをしてください。
13 退会方法について教えてください。こちらから手続きをしてください。
14サービス・活動に関して会員サービスの具体的な内容を教えてください。サービス内容はパンフレット(PDF,1MB)に掲載していますので、ご確認ください。
15書籍販売に関してITIL®書籍は、一般書店でも販売していますか?一部の一般書店で取り扱っています。こちらのページの「取り扱い一般書店」をご確認ください。
16英語書籍は販売していますか?一部取り扱っております。こちらのページを確認ください。 上記のページに掲載されていない書籍については、TSO SHOPまたはBest Management Practiceサイトでご確認ください。
17PDF書籍についてPDF書籍ダウンロードの注意事項について教えて下さい。くわしくはこちらをご覧ください。
18著作権に関して書籍、ホームページなど著作物の著作権に関して教えてください。itSMF Japan 販売の書籍、ホームページのコンテンツ、講演資料などの著作物の著作権に関する考え方については、こちらでご確認ください。
19ITIL®書籍の内容を転載するには、どのような手続きが必要ですか?ITIL®書籍に関する著作権は、AXELOS が所有し管理しています。転載許可については、AXELOSのサイトをご参照ください。
20分科会に関して分科会に参加したいのですがどうしたらいいでしょうか?



また途中入会はできますか?
新規の分科会会員募集は、募集開始の2週間前にitSMF Japan WEBサイトに募集のお知らせを掲載すると同時に会員一斉メールにて告知します。(2週間後の)募集開始日に先着順にてお申し込みを受け付けます。
定員を超えますと募集をストップします。

分科会途中入会については、設立間もない分科会ですと欠員が生じた場合、座長とメンバ全員の了承が得られれば途中入会も可能です。 事務局にお問い合わせください。
21分科会には会員でないと参加できませんか?会員でないと参加できません。
分科会活動は、会員活動の一環としてitSMF Japanが支援しております。
ぜひitSMF Japanにご入会いただき分科会活動にご参加ください。
22ITIL®のことをよく知らないのですが、参加できますか?参加できます。
ITIL®の資格はなくても大丈夫です。
23新規分科会を立ち上げたいのですがどのようにしたらいいですか?新規分科会を立ち上げようと考えている方(新規分科会発起人)は、新規分科会設立申請書を事務局にご提出いただき趣旨をご説明いただく必要があります。
itSMF Japan事務局にご連絡ください
24分科会で作成された成果物の扱いはどうなっていますか?引用・著作権については、こちらをご覧ください。分科会で作成された成果物は、分科会規則第7条に従います。
各分科会で作成する研究成果の著作権および特許権はitSMF Japanに帰属します。
成果物は、itSMF Japanのテンプレート(itSMF Japan事務局にご連絡ください)を使用してitSMF Japanの著作権表示を行って下さい。